ゾビラックスの副作用

ゾビラックスの副作用は、腹痛や下痢、貧血、発熱や発疹、かゆみなどの過敏症などが主なものです。
これらの症状があらわれた場合には医師か薬剤師に相談します。
稀に起こる副作用として、呼吸困難、まぶたや口唇、舌の腫れや動悸がある場合にはアナフィラキシー
発熱や出血は血液障害、むくみや尿量減少がある場合には急性腎不全、昏睡や幻覚、麻痺があるのは精神神経症状、結膜充血や口腔などのただれは、中毒性表皮壊死融解症や皮膚粘膜眼症候群の副作用の初期症状の可能性があります。
これらの症状がでた場合にはゾビラックスの使用を中止してすぐに医師の診察を受けます。
また、これらが全てのゾビラックスの副作用ではないため、他に気になる症状がある場合には医師に相談することが大切です。
ゾビラックスの主成分はアシクロビルです。
アシクロビルは抗ウイルス薬として口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹ウイルスの治療が可能です。
ゾビラックスは先発医薬品でアシクロビルはゾビラックスの後発医薬品です。
ゾビラックスは世界初のウイルス治療薬で、ウイルスの中でも単純ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹などのウイルス増殖を阻止し改善することができます。
単純ヘルペスや帯状疱疹はゾビラックスの経口内服薬で治療をして、脳炎や髄膜炎など合併症がある場合には点滴で治療を行います。
眼軟膏もありますが、これは単純ヘルペスの感染で角膜炎になった時の治療で使用します。
内服薬は病院で処方してもらうことができ、ゾビラックスは用法や用量を守ることで副作用を気にすることはない安全性の高い医薬品で子供から大人まで使用可能です。
ただし、併用する医薬品によっては副作用があらわれることもあります。
副作用でも重篤な状態になる可能性もあるので、副作用を感じた場合には病院で医師に相談することが必要です。
また病院の診察では持病やアレルギーがあったり、服用中の薬がある場合、妊娠中や妊娠の可能性がある場合には医師に伝えます。
さらに腎臓病や肝臓病などがある場合も注意が必要なので医師に伝え、5日間服用しても症状が改善しない場合には医師に相談します。

ゾビラックスを使用することができない人

ヘルペスウィルスによる感染症の治療薬であるゾビラックスには、厳密な意味で使用ができない人というのはほとんどなく、多くの人で安全に使用することができます。
それでも使用に注意を要する人はわずかではありますが存在します。
例えば腎臓病の人、肝臓病の人、高齢者、子供などは十分に注意しながら使用する必要があり、事前に医師や薬剤師などによく相談したほうが良いでしょう。
これは、肝臓や腎臓が良くないと薬の代謝と排泄が遅れがちになり、ゾビラックスの有効成分アシクロビルが身体の中に長い間留まってしまうために、副作用が現れやすくなったり強く出てしまう可能性があるからです。
発疹やかゆみ、腹痛程度の軽い症状であれば比較的問題は少ないです。
アナフィラキシーや急性腎不全を引き起こしてしまった場合には、症状が重大になってしまう危険性があります。
高齢者や子供なども薬の代謝能力が成人に比べて低いため、こういった副作用が出やすい傾向にあります。
一度ゾビラックスや類似の薬を使用してアレルギーの症状などが出たことがある人であれば、使用は避けたほうが無難です。
また、子供の性器ヘルペスに使用する場合には、体重制限によってゾビラックスを使用できない場合があります。
原則として体重が40kg以上ない場合には、子供の性器ヘルペスを治療するためにゾビラックスを使用することはできません。
性器ヘルペスは時間が経てば自然に治ってしまうことがほとんどであるため、こういったケースでは無理に薬の使用をすることは避けてまずは様子を見るようにしたほうが良いでしょう。
アナフィラキシーや急性腎不全が重篤な副作用として出てしまった場合には、以前にこの薬を使用して問題がなかった人でもただちに使用を中止すべきです。
場合によっては意識低下や意識障害などの精神症状に発展してしまうケースもあるので、こういった副作用が現れた場合にはすぐに病院を受診すべきです。

関連記事