• ホーム
  • ファムビル錠の効果と正しい服用方法

ファムビル錠の効果と正しい服用方法

ファムビル錠はファムシクロビルを主成分としており、服用する事で性器や口唇ヘルペスといった単純疱疹や帯状疱疹の症状を緩和する効果を得る事が可能です。
日本では基本的にマルホ株式会社が販売を行っており、医師の処方により手に入れる事が出来ます。
他にも海外のサイトから個人輸入するという方法で、ファムビル錠と同等の効果が期待出来るジェネリック医薬品を購入する事も可能です。
そんなファムビル錠でヘルペス治療を行う際には、出来るだけ早く服用する事が大切です。
服用方法としては、1日3回飲む事により症状を最小限に食い止める効果が期待可能です。
十分な効果を得るにはウイルスが増殖している初期段階で飲む必要があり、上手く効能が得られればヘルペスの発症期間を最大で2週間程縮める事が出来ます。
ウイルスが増殖して悪化する前に服用する事により、症状を抑制出来るため治癒するまでの期間を大幅に短縮可能です。
ヘルペスの場合は特に初感染時に、症状が重症化し易いためファムビル錠で発症期間を短縮する事が出来れば、激痛に苦しむ時間を短くする事が可能です。
加えて再発時のヘルペスは増殖する期間が短いため、高い効果を得たいのならば発症から24時間以内にファムビル錠を飲む事が望ましいと言われています。
そんなファムビル錠ですが、単純疱疹に使用するか帯状疱疹で使用するかで用法や用量が違って来るので注意が必要です。
単純疱疹の場合は1回1錠250mgを3回服用しますが、帯状疱疹の場合は1回2錠500mgを3回服用しなければなりません。
帯状疱疹の方が症状が重く出る場合が多いため、用量も多くなってしまいます。
そして食後の方が吸収率が向上する上に飲み忘れを防止し易いので、朝昼晩の食事後に服用するという方法がおすすめです。
更にファムビル錠は、プロベネシドを主成分とする薬との飲み合わせに注意しなければなりません。
併用する前に、医師にきちんと相談すべきです。

ファムビルにはジェネリック医薬品が存在する

ファムビルは有効成分ファムシクロビルが配合された薬で、日本ではマルホ株式会社が販売しています。
水ぶくれのような症状を引き起こすヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があり、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、単純疱疹や帯状疱疹の治療に用いられます。
ファムビルは吸収性に優れ、効率的かつ持続的に作用するのが特徴です。
従来の薬よりも服用回数が少なく、1日3回の服用でウイルスの増殖を防ぎます。
飲み合わせや食べ合わせが悪いものは多くありませんが、痛風治療に用いられる一部の薬とは飲み合わせが悪く、薬の排泄が遅れて血中濃度が高くなってしまう可能性があります。
ファムビルが効果的に作用する帯状疱疹は、体内の神経節に潜んでいるヘルペスウイルスの一種が原因で起こります。
神経節に潜んだウイルスは完全に死滅させることができないため、水ぼうそうにかかった経験がある場合、誰でも帯状疱疹が起こりうる可能性があるのが特徴です。
ウイルスは免疫力が高い状態では問題を起こしませんが、加齢や疲労、精神的なストレスを引き金に、潜伏していたウイルスが再び活動を始めます。
すると、ウイルスが神経を伝わって皮膚にまで到達し、帯状疱疹となって発症するのです。
ファムビルにはジェネリック医薬品が存在し、通常のファムビルよりも1錠あたり約100円ほど費用を抑えることができます。
ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れたあとに発売される医薬品で、配合されている成分はファムビルとほとんど同じです。
先発薬と違って開発コストが必要ないため、同じ成分かつ同じ効果でも低価格で購入することができます。
ジェネリック医薬品はファムビルとほぼ同等の品質なので、安心して服用することが可能です。

関連記事